ABOUT

古代、人類が火を手にしてからさまざまに生活スタイルが変化しました。 身を守ること、食生活の発展、住居や文明の発展… 世界中に残る神話や昔話には必ず「火」が存在しています。 火と人。 火と日。 火と日と人は 常にともにあり、歴史と文化を築き上げてます。 当たり前のように電気のある生活が主流になってきた今 生活の中に火を点ける行為や囲むことも少なくなり、 火の存在を大人も子どもも接する機会がなく、 恐れから触れることなく、大切ななにかを伝え忘れているような気がします。 火という存在は 暖かさや揺らぎ、団欒、こころの解放と癒やしの部分も持ち合わせつつ、 ひとつ使い方を謝ると 火傷、火災、戦争など間逆な側面も持ち合わせています。 いいことも そうでないことも 全てのことには相反するふたつの表情を持っている。 empfengen-candleはさまざまに火を囲んでの体験をもとに 人と火の結びつき、 火との空間で過ごすこと、 時間とともに感じれる人と自身との距離を 新しい視点でご提案しております。 empfangen candle Nakao Junko